平日9:00〜18:00
03-6427-1089

【飲食店】ハラル(ハラール)対応OEM開発ミーティング|飲食店のコンサルティングなら株式会社スリーウェルマネジメント|飲食店特化

皆さんこんにちは
飲食店コンサルティング
株式会社スリーウェルマネジメント代表コンサルタントの三ツ井創太郎です。

先日は私が前職の船井総研時代にお世話になった小林昇太郎社長との久しぶりのミーティングでした。

小林社長は現在は「日本地域の食材を使って日本の食文化を訪日するムスリムの人たちに提供する、またムスリム市場圏にそれらを輸出する」というミッションの基に、ハラル(ハラール)対応の食品製造工場(セントラルキッチン)のプロジェクトを進められています。

今後オリンピック等でインバウンド需要が高まる中で、日本は圧倒的にハラル(ハラール)対応が遅れています。

こうした中で小林社長はインバウンド需要のならず、世界市場に向けて「日本国産ハラル(ハラール)対応商材の輸出にチャレンジされておられます。

小林社長がプロジェクトにかかわっている株式会社キュアテックス http://curetex.jp/service/halal/

 

飲食店向けハラル(ハラール)対応 食品製造委託(OEM)工場

飲食店向けハラル(ハラール)対応 食品製造委託(OEM)工場

熊本の天草にはハラル(ハラール)対応の食品工場「ハラールキッチン楽」を立ち上げ、ホテルやレストラン、旅館、居酒屋、和食店向けのハラル(ハラール)食品の製造を行っておられます。

訪日ムスリム旅行客の数は2004年の15万人から2016年には70万人まで増加。2018年には100万人を突破し、2020年には140万人に達すると予想されています。

こうした中で自店のキッチン等でハラル認証取得レベルはハードルが高くても、それより参入が容易なムスリムフレンドリーでムスリム旅行客に対応していきたい日本の飲食店やホテル、旅館、レストラン、百貨店などから食材供給や、OEM製造のニーズが高まっているという事です。

小林社長との久しぶりのミーティング!とても勉強になりました!

ハラル(ハラール)OEM等にご興味がある方はお気軽にメッセ―ジをくださいませ!!

前回ブログ記事は下記よりどうぞ!!

【飲食店】募集原稿の見直しで採用数をアップさせる方法

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

飲食店経営者の皆様のご参考になれば幸いです。