平日9:00〜18:00
03-6427-1089

12月実施で来店率62%を実現した販売促進

12月実施で来店率62%を実現した販売促進

皆様こんにちは
飲食店コンサルティング会社
株式会社スリーウェルマネジメント代表コンサルタント三ツ井創太郎です。

今日は朝から都内の芸能事務所様でミーティングです!

「アーティスト×カフェ」「ミュージック×BAR」「地方創生×飲食」

通常の飲食企業とはまた違った切り口での戦略を構築。11月には銀座に300坪の大型プロジェクトがオープン!!

「PLUSTOKYO™️」

 

12月実施で来店率62%を実現した販売促進

https://asobisystem.com/topics/9181/

楽しみです!

さて今日のテーマは「12月実施で来店率62%を実現した販売促進」です。

「忙しい12月になぜわざわざ販促を」と思われる方も多いと思います。これは厳密に言うと「12月に実施するべき”店内”販促」です

店内販促の一般的な回収率は10〜15%です。
そして一組人数を2.5人とすると誘引客数率は25%〜37.5%となります。これを数式で表すと。

A×回収率15%×1組人数2.5=誘引客数

となります。誘引客数を最大化する為にはどうしたら良いのか?

それはAを最大化する事です。
ではAには何が入るか?

A=配布枚数

となります。
つまり客数が多く、しかも忘年会などで新規客も多い12月に店内販促を行う事で誘引客数を高める事ができます。
さらに店内配布する際の特典(クーポン等)にも工夫が必要です。

使用期間は売上が落ち込む1月7日〜2月28日とします。さらに年末配布という事で”一年のご愛顧への感謝”を込めた内容に。このクーポンをお渡しする際にスタッフはお客様にしっかりと一年の感謝と来年の変わらぬご愛顧をお願いします。
一番大切なのはココです。心のこもった感謝の想いが無ければお客様は来店して下さりません。

逆を言えばお渡しするツールがあるので、感謝のお気持ちを伝えやすいという部分も重要です。

私のご支援先では昨年にこの施策を実施し、

配布組数500組×回収率25%×1組人数2.75=来店率62.75%(343名)という脅威の実績をあげられました。

販促コストが33,000円でしたので、誘引客数343名でCPO(一名獲得単価)は96.2円でした。誘引売上が120万円でしたので、特典経費を計上しても販促費は62,000円、粗利が84万円でしたので本販促による利益は77万円となります。

こちらの会社さんとは、このように徹底的にデータを集計し、こうした企画を盛り込みながら来期の年間販促計画を構築し始めています。

しかし一番大切なのは「配布の仕方」。いかに感情と感謝を込めてお配りできるかで、回収率、来店率も決まります。

つまり、

「徹底的にサイエンスで考えエモーショナルに実行する」

という事です。

【ダウンロード資料付】社員独立制度の3大モデル

前回記事は上記よりどうぞ!

飲食店経営者の皆様のご参考になれば幸いです。

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。